企業のサイトやwebアプリケーション保護|脅威を排除システム作動

IT

活用が有効

システム

企業のウェブサイトをサイバー攻撃や不正アクセスから守るためには、WAFの活躍が極めて重要になります。しかしながら、その有効性や費用対効果などを適切に実感することが出来ないケースが多くあります。適切でない目的や検討をして導入をしてしまったことがあります。そのため、期待する効果を得ることができていないことなどがありますが、そのような結果は、避けなければいけません。
WAFが有効に活用されるケースは、いくつかあります。

企業内検査や業者によって企業のパソコンセキュリティに脆弱性がわかった時でもすぐに対応しない場合があります。ウェブサイトを構築するツールに脆弱性がある場合もあり、サイト管理者が手を出せないこともあります。そこでWAFを活用することで、企業のサイトに脆弱性が合っても実際に悪用されることを防ぐことができ、攻撃によってでる影響を防ぐことが出来ます。
また、将来的なリスクを認識して、保険的な対策を行うことも可能です。
現段階で、運営をしているウェブアプリケーションに脆弱性がなくて安全だとしてもコンテンツの更新をする際に脆弱性が出てくる可能性があります。そういったタイミングを狙って攻撃をしてくることもありますし、新しい脆弱性や攻撃の方法などが違ってくることも考えられます。運用開始時には、安全と思えたウェブアプリケーションが一転して脆弱な状態に陥ってしまう危険性も考えられます。
そういった危険性を無くすためには、常に最新の脅威に対応することができるWAFを活用していおくことが大切になります。