企業のサイトやwebアプリケーション保護|脅威を排除システム作動

IT

不正アクセスを防ぐ

システム

WAFを使うことでwebアプリケーションのセキュリティを強化することができます。簡単に強化をすることができ、不正アクセスを防ぐことができるので情報漏洩などが無くなります。

Read More...

活用が有効

システム

WAFを導入するときには、間違った方法で行なってしまい思った効果を得ることができないと思っている企業があります。WAFの上手い活用方法を知ることが大切になります。

Read More...

種類の特徴を知る

システム

企業がつかっているウェブサイトやホームページを保護するためにWAFなどがあります。WAFには、いろいろな種類があり、それぞれによって特徴やメリットがあります。それらを知っておくことで適切な物を選ぶことができます。

Read More...

導入をして守る

システム

最近では、多くの企業でWebアプリケーションを利用していることが多くあります。そういった時には、セエキュリティ上の脆弱性があり、攻撃の対象になってしまうことも考えられます。その時にアプリケーションの改修を行うことも出来ますが、コストに見合わないこともあるので、WAFを使うことで大きな力になります。
このWAFがどんなことをしてくれるのかというと外部ネットワークからの不正アクセスを防ぐことができます。その中でもwebアプリケーションの外部とのやり取りを把握・管理をしてもらうことができます。ウィルスなどのうh制侵入を防ぐことができるファイヤーウォールになります。
また、webアプリケーションは、オンラインバイキングやショッピングサイトなどの事を言います。企業では、こういったアプリをつかっている人が多くいます。そういったWEFを使ってアプリケーションのレベルの外部アクセスを管理することが特徴になります。

アプリケーションの中には、入力をすることが有りますが、その時には、脆弱性が潜んでいます。脆弱性が考えられるときには、脆弱性診断を行なうことでセキュリティ・ホールを発見することができ、アプリケーションを回収することができます、しかし、アプリケーションの数が多くナルことでお金や時間などの手間がかかるため、効率的ではありません。そこでWEFをwebサーバーの前に設置することで脆弱性を狙ってリクエストを遮断することができます。そしてアプリケーションの背後にある個人情報やデータを保護することが可能です。